水道修理が必要となるトラブルを防ぐポイント

水道修理が必要となるトラブルを防ぐポイント 水回りの詰まりや水漏れなどが生じたら、業者若しくは自分で修理をする必要があります。たとえ小さな劣化でも、放置してしまえば大きなトラブルになりかねません。蛇口などの消耗品は、使う頻度が多いと故障が生じやすくなりますが、日頃からの手入れやメンテナンスをすることで防げることもあります。そのうえで快適な空間つくりにも繋がりますから、生活面でもメリットをもたらします。


■水道へ流すもの次第でトラブルが防げる

水回りにおける詰まりが生じたら、業者に水道修理を依頼する必要がありますが、流しきれないものが排水管にとどまってしまうことが原因のケースが多くあります。ペーパーをトイレに大量に流してしまったり、台所の油汚れの蓄積もあります。排水管や機器の経年劣化に伴い機能性が低下した場合にも、詰まりや水漏れが起きやすくなります。
先ずは、異物を日頃からどれくらいの量を流しているかを確認しておくとトラブル回避に繋がります。特に子どもや高齢者がいる家庭の場合は、誤った使用方法を行うこともありトラブルの原因となります。たとえ小さなことでも、家庭で気になることがあれば教育を兼ねて指導や介助をしておくことが必要です。
台所や風呂場の油汚れ対策としては、排水管をパイプ洗浄剤を用いて定期的な清掃をすると良いです。用途に合ったキャッチャーを設置して、異物や髪の毛を排水管に流れてしまうことを防ぐ方法もあります。

■詰まり予防に有効なポイント
生活場面で、詰まりを予防するためのポイントはあります。スマホなどを水回りで使用する際、間違って落としてしまうと詰まりに繋がります。取り出す際に排水管の中に入ってしまえば、業者に水道修理を依頼することとなります。また、防水機能がないタイプだと機器の故障にもなりかねません。リスクを防ぐためには、スマホを水回りの傍に置かないような心がけが必要です。
台所で油汚れを洗う際には、予めペーパーで拭くなど油を除去しておくことで蓄積されにくくなります、水に溶けて流れやすいもの以外は流さないように努めると良いです。定期的な掃除をすることで、対策と予防に繋がるだけでなく臭い対策にもなります。理想は週に1回ですが、難しい場合は少し間隔をあけるくらいなら問題ないです。専門業者に依頼して、ハウスクリーニングをしてもらう方法も一つです。

■生活用具を上手に活用すれば水道修理のリスクは減る

生活用具を上手に活用することでも、水道修理を防ぐ効果をもたらします。重曹を使う場合は、綺麗に清掃をしたうえで重曹2に対してクエン酸若しくはお酢を1程度振りかけます。泡立ってきたらつけ置きを30分程度してから、ぬるま湯で丁寧に流します。熱湯の場合は、機器の破損にもなりかねません。仕上げにブラッシングで汚れを除去することで、高い効果をもたらします。
金属イオンはアルカリ性の化学反応を起こし、アルミホイルは油汚れやヌメリには高い効果があります。特にボール状に丸めて排水溝に設置しておくだけでも防臭効果や詰まり、水漏れ対策にもなります。割り箸など棒状の生活用具にアルミホイルを巻き付け、排水管の清掃をするだけで汚れを落としやすくなります。一方奥までは届かないので、日頃のメンテナンスで使用する範疇にとどめておくと良いです。

■まとめ
業者に水道修理を依頼して詰まりや水漏れを直してもらう方法もありますが、費用も相応にかかります。長期間蓄積されたものだと、買い替えも必要となります。日頃の生活の中で、定期的な清掃や対策をたてておくとトラブル回避に繋がります。自分では難しい場合は、ハウスクリーニングなどの水回りにおける専門業者にメンテナンスをしてもらう方法もあります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース